京都どうぶつあいごの会

京都どうぶつあいごの会tとは 収支の報告 ギャラリー 里親について 問い合わせ ブログ
京都どうぶつあいごの会 会の活動 会の規約 会員について(会員規約) Media Wed Shop Link 寄付のお願い

京都市都市緑化協会

手づくり市

キトゥンカンパニー

テト店

どうぶつ基金

ねこともNet

あかまつ犬猫病院

一犬猫病院

3編みプロジェクト

ペットのおうち

いつでも里親募集中

3ad-favorite

京都どうぶつあいごの会

京都どうぶつあいごの会

京都どうぶつあいごの会 規約
第1章 総則
(名称)
第1条 この会を京都どうぶつあいごの会という。
(事務所)
第2条 この会は、主たる事務所を京都市南区八条源町100-2有限会社ジャンクプランニング内に置く。

第2章 目的及び事業
(目的)
第3条 この会は、動物の保護及び里親探し動物飼育管理の指導など動物愛護と動物福祉に関する事業を行い、不幸な動物をつくらない事、不妊手術の促進、動物の殺処分の廃止、動物ホリスティックケアの普及、そして人と動物の共存共栄をめざし地域のコミュニケーションづくりを目的とする
(事業)
第4条 この会は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 特定非営利活動に係る事業
@野良猫の実態調査や不妊手術の実施又は相談や活動指導「TNR運動」「地域猫活動」など不幸な犬猫の保護や里親探し譲渡会の開催や参加
コンパニオンアニマルに対するオーナーの意識改革(動物ホリスティックケアの提案)
A普及活動
写真展の開催
動物愛護映画の上映
バザー、ペット博などに参加
街頭での普及、募金活動
(2) その他の事業 (NPO法人取得後に実施予定)
@収益事業
収益事業の名称をホリスティックケアのお店Manekiyaとしペットショップを運営
ドックカフェ・ドックラン・美容院・ホテル・有料老犬猫ホーム・しつけ教室・メモリアルパーク・動物病院など事業の運営
2 前項第2号に掲げる事業は、同項第1号に掲げる事業に支障がない限り行うものとし、収益を生じた場合は、同項第1号に掲げる事業に充てるものとする。

第3章 会員
(種別)
第5条 この会の会員は、次のとおりとする
本会の会員は、正会員、賛助会員により構成される。
(1)正会員は本会の目的に賛同し、活動に積極的に参加できる個人
(2)賛助会員は、本会の目的に賛同し、活動を賛助する個人、法人、団体
(入会)
第6条 会員の入会については、京都どうぶつあいごの会の考え 活動に賛同して頂き、会員の一員として活動に協力、参加して頂く事で会員と致します。
会員は政治的、宗教的、動物愛護的な理念、思想などを本会に持ち込まない。 2 会員として入会しようとするものは、会長が別に定める入会申込書により、申し込むものとし、会長は、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
3 会長は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって人
にその旨を通知しなければならない。


(入会金及び会費)
第7条 会員は、総会において別に定める年会費を納入しなければならない。
(会員の資格の喪失)
第8条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1) 退会届の提出をしたとき。
(2) 本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
(3) 継続して2年以上会費を滞納したとき。
(4) 除名されたとき。
(退会)
第9条 会員は、会が別に定める退会届を会長に提出して、任意に退会することができる。
(除名)
第10条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1) この定款等に違反したとき。
(2) この会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
(拠出金品の不返還)
第11条 既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

第4章 資産及び会計
(資産の構成)
第12条 この会の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
(1) 設立当初の財産目録に記載された資産
(2) 年会費
(3) 寄付金品 p (4) 財産から生じる収入
(5) 事業に伴う収入
(6) その他の収入
(資産の区分)
第13条 この会の資産は、これを分けて非営利活動に係る事業に関する資産及びその他の事業に関する資産の2種とする。
(資産の管理)
第14条 この会の資産は、会長が管理し、その方法は、会の議決を経て、会長が別に定める。
(会計の原則)
第15条 この会の会計は、法第27条各号に掲げる原則に従って行うものとする。
(会計の区分)
第16条 この会の会計は、これを分けて非営利活動に係る事業に関する会計及びその他の事業に関する会計の2種とする。
(事業計画及び予算)
第17条 この会の事業計画及びこれに伴う収支予算は、会長が作成し、会の議決を経なければならない。
(暫定予算)
第18条 前条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、会長は、会の議決を経て、予算成立の日まで前事業年度の予算に準じ収入支出することができる。
2 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。
(事業報告及び決算)
第19条 この会の事業報告書、収支計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、速やかに、会長が作成し、会の議決を経なければならない。
2 決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。

(事業年度)
第20条 この会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
(解散)
第21条 この会は、次に掲げる事由により解散する。
(1) 会の決議
(2) 目的とする非営利活動に係る事業の成功の不能
(3) 正会員の欠亡
(4) 合併
(5) 破産
2 前項第1号の事由によりこの会が解散するときは、正会員総数の3分の2以上の承諾を得なければならない。

第5章 公告の方法
(公告の方法)
第22条 この会の公告は、この会の掲示場に掲示するとともに、会報に掲載して行う。 p
第6章 雑則
(細則)
第23条 この規約の施行について必要な細則は、会の議決を経て、会長がこれを定める。
附 則
1 この定款は、この会の成立の日から施行する。
2 この会の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。
会長 喜多村賢
副会長 土田智代
3 この会の設立当初の役員の任期は、第16条第1項の規定にかかわらず、成立の日から2011年3月31日までとする。
4 この会の設立当初の事業計画及び収支予算は、設立総会の定めるところによるものとする。

5 この会の設立当初の事業年度は、成立の日から2011年3月31日までとする。 6 この会の設立当初の年会費は、次に掲げる額とする。
会員の種類
(1)正会員 (本会の目的に賛同し、活動に積極的に参加できる個人)
個人会員・・・・・・年会費   3000円/一口      
ファミリー会員・・・年会費  5000円/一口
ご家族全員とパートナーのワンちゃんねこちゃんを一緒に登録します。

(2)賛助会員(本会の目的に賛同し、活動を賛助する個人、法人、団体)
個人会員・・・・・・年会費   5000円/一口
法人会員・・・・・・年会費  50000円/一口
ファミリー会員・・・年会費 10000円/一口
ご家族全員とパートナーのワンちゃんねこちゃんを一緒に登録します。

戻る

Copyright(C)2011 association of kyoto animal protection All Rights Reserved.