京都どうぶつあいごの会

京都どうぶつあいごの会tとは 収支の報告 ギャラリー 里親について 問い合わせ ブログ
京都どうぶつあいごの会 会の活動 会の規約 会員について(会員規約) Media Wed Shop Link 寄付のお願い

京都市都市緑化協会

手づくり市

キトゥンカンパニー

テト店

どうぶつ基金

ねこともNet

あかまつ犬猫病院

一犬猫病院

3編みプロジェクト

ペットのおうち

いつでも里親募集中

3ad-favorite

京都どうぶつあいごの会

京都どうぶつあいごの会

動物愛護団体「京都どうぶつあいごの会とは・・・」
「あいさつ」
2010年9月吉日有限会社ジャンクプランニング内に「招きや」がつくる動物愛護団体
(京都どうぶつあいごの会)を設立する運びとなりました(NPO法人取得に向け準備中)。
「趣旨」
守ろう!みんなで 小さな命を!をスローガンに殺処分ゼロを目標とし、京都で野良猫の「地域猫活動」「TNR運動」を主に活動する新しく出来た動物愛護団体です。
京都での犬猫殺処分の実態:京都府(京都府動物愛護管理センター)では20年度、犬323頭 猫2846頭 合計3169頭 京都市(京都市家庭動物相談所)では20年度、犬159頭、猫1867頭 合計2026頭 20年度総合計5195頭の犬猫が京都府動物愛護管理センターや京都市家庭動物相談所で殺処分されており、殆どが幼猫になります。
殺処分ゼロを達成するには、野良猫や家猫の不妊手術の必要性を痛感しております。 今まで私どもは個人的に保護、「TNR運動」をしてきましたが、少しでも不幸な子を減らす事が出来ればと思い、動物愛護団体(京都どうぶつあいごの会)を設立致しました。
「名称」
京都どうぶつあいごの会とする(Koto Doubutsu Aigo no Kai)
「スローガン」
守ろう!みんなで 小さな命を!
「イメージカラー」
緑(自由)とする
「発起人」
会長 喜多村賢 副会長 土田智代
「事務局」
住所〒601-8477 京都市南区八条源町100-2 有限会社ジャンクプランニング・京都招きや内
Tel075-661-8681 FAX075-661-8671 E-mail:manekiya@luck.ocn.ne.jp
Blog:http://kyotodak.blog116.fc2.com/ (HP開設までblogで近況を報告致します)
「目的」
動物の保護及び里親探し動物飼育管理の指導など動物愛護と動物福祉に関する事業を行い、不幸な動物をつくらない事、不妊手術の促進、動物の殺処分の廃止、動物ホリスティックケアの普及、そして人と動物の共存共栄をめざし地域のコミュニケーションづくりを目的とする
「活動内容」
野良猫の実態調査や不妊手術の実施又は相談や活動指導「地域猫活動」「TNR運動」など不幸な犬猫の保護や里親探し譲渡会の開催や参加
コンパニオンアニマルに対するオーナーの意識改革(動物ホリスティックケアの提案)

※地域猫活動TNR運動とは
TNRとはTrap(トラップ)捕獲する Neuterニューター(不妊手術) Returnリターン(戻す)
特定の飼い主が居ない野良猫を捕まえて増えないように不妊手術をした後、元の場所に戻し、餌を与え、その猫が住む地域の住民たちの協力によって管理されている猫のことを言います。
具体的な活動としては、糞などの排泄物の清掃、継続的な食事の提供、不妊手術の実施などとなります。多くのノラ猫たちは人間の都合で捨てられ、また捨てられた猫同士が子供を作り増えてきました。
これ以上、不幸なノラ猫を増やさない。また、この世に生を受けた以上は天寿を全うさせてあげる。
こういった責任が我々人間にはあると言えます。
この活動は不幸なノラ猫の数を減らす(ゼロにする)活動です。猫が好きな人、逆にノラ猫の被害を受けて嫌いになってしまった人が共に協力して行える活動ではないでしょうか。

戻る

Copyright(C)2011 association of kyoto animal protection All Rights Reserved.